本文へスキップ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

2020年3月21日

場所
九頭竜川水系
天候
晴れ
時刻
7時       
気温 水温      
測定なし
釣果
な   し

6時14分

       

あと 2日ある。  いや 今 半分 チョット 過ぎただけ。


12時22分

九頭竜川右岸。 昼食後の 撮影。
一級河川 九頭龍川の看板。 この看板見るたびに 「おれたちは サクラマスという聖地の釣り場に 【今ここにいる】という実感を 与えてくれる」 納得できる いい景色 です。
昼食も終わり さぁ〜 次なる 漁場に 出発で〜す。
       


12時44分

九頭竜川右岸。 コンクリートののり面を おりて テトラに。
 師匠の 初泳ぎ。 そして甲羅干し。
大けが なくてよかった。 釣り用の チョッキの 中に水が たっぷりと。  日差しが 強く そこそこタオルで水分をふき取ると30分後には何もなかったの如く、装着できた。
師匠 痛みも あったろうに でも 我慢強い 男です。  ま とにかく 大きな 怪我でなくて よかった。 よかった。
 


15時13分

       

福井大橋下流 左岸。
流れを 見る限りは、いい流れだと思う。
 対岸に 渡れる方法はある。 次回には 対岸に渡って 半日かけてでも あっちこっち 歩き回り 釣り歩いて 見たい。自分の 見た目には ポイントも 狙いやすく。その時の水量にもよるが。  グッド波に見えて仕方がない。

 
○○○○○○○○イメージ

「○ 筆者のつぶやき ○」

本日で 3日が 過ぎた。昼食後 流れのいい釣り場所あり。ここらで やってみよう。 ここで 大事件発生。 師匠が なんと九頭竜川にて 初泳ぎ。この3月という 季節にて。おてんとうさまに しっかり 照らして もらったお陰にて。 そして 風も少なく川岸にて 着替えるのも見ていても 気持ちよさそう? だった。
 ここぞと思う流れの所に ルアーを 投入。 「ルアーを投げ入れることが サクラマスという女神に出会える」。これが とにかく 基本。
サクラマスは いずこへ。なには ともあれ 竿だけは 時間許すだけ 振る のみ。


    お気に入りの四季